日本一の入れ歯を目指して、情報をお伝えしていきます。

入れ歯知恵袋|入れ歯のことなら もりや歯科医院へ

Q&A メンテナンス

前歯を入れ歯にしたら人相が変わった

投稿日:2018年4月30日 更新日:

3ヶ月ほど前に、前歯に入れ歯を入れたのですが、それから人相というか顔つきが変わった気がします。インプラントのほうがよかったのでしょうか。

「前歯を入れ歯にしたら人相が変わった」という相談をうけます。歯が失ったことも原因ですが、見落としがちなことは筋力が低下していることです。お顔はたくさんの筋肉で表情を作り出しています。低下した筋肉の状態にあった入れ歯を作れば人相が変わるのは当たり前です。対応策としては筋力アップできる入れ歯を作ることです。

顔の整形をする際、半分を越える治療が歯を綺麗に治す治療だと言われています。つまりそれだけ歯の変化が顔貌(がんぼう*)に影響するということです。入れ歯をつくる際に重要なことは、歯をつくると同時に、どんな顔貌になりたいかをしっかり担当医と相談することです。入れ歯づくりはある意味、失われた顔貌の復顔作業だといえます。前歯がしっかり存在する顔貌の写真を共有して、入れ歯装着後顔貌の検討をすることをお勧めします。

*顔貌:かおのかたち。歯並びが大きく影響していると言われています。
  • この記事を書いた人

森谷良行(もりや歯科院長)

もりや歯科医院 院長(〒350-0275埼玉県坂戸市伊豆の山町4-57)。本物の歯と同じようになんでも美味しく食べられる入れ歯(義歯)づくりを推進。予防歯科や歯周病治療も得意とする。

-Q&A, メンテナンス

Copyright© 入れ歯知恵袋|入れ歯のことなら もりや歯科医院へ , 2021 All Rights Reserved.